サブリースで賃貸経営|大注目のメガソーラー投資|資産運用を考える

大注目のメガソーラー投資|資産運用を考える

サブリースで賃貸経営

案内

マンションやアパートの経営は、空室をなるべく少なくすることで安定した収益を実現できます。マンションやアパートのオーナーにとって、空室リスクはなるべく避けたいものです。空室が多くなると、家賃収入が減少してマンションやアパート経営が行き詰まってしまいます。この空室リスクを解消する方法としてサブリースという制度が注目されています。サブリースとは、マンションやアパートの一括借り上げのことをいいます。不動産業者がマンションやアパートを借り上げ、満室賃料の70パーセントから80パーセントをマンションやアパートのオーナーに支払い、施設の管理や家賃徴収などの業務を代行する仕組みになっています。不動産業者は、実際に徴収する家賃総額と、オーナーに支払う家賃の差額を収益とします。オーナーが年齢的な理由や施設の規模などの関係から施設の維持管理が難しいと感じたときにこのサブリースを活用するととても便利です。マンションやアパートの施設維持や家賃徴収を不動産業者という専門家に任せることで、安心した不動産経営を実現することができます。不動産経営は多くの人が安定的な収入を目的として行ないます。不動産投資は、一人で行なうよりも専門家と協力した方がより安心した経営ができると考えられます。サブリースは入居者の有無にかかわらず常に満室賃料の70パーセントから80パーセントの収入が確保できることが魅力です。これから不動産投資を考える人は、サブリースについても検討してみると良いでしょう。